今日はついでの釣り

先日のサメ縄でもつれた幹縄とブランを繰り直すために沖に出ました。

 

せっかくなので、本船ルアーインストラクターも同行し、ドリフティングでの縄繰り作業中におかず釣りをして貰いました。

 

水温下がりベイトの魚探反応が増えてきたので、魚体も日に日に大きくなっていくことでしょう。


サメ縄の結果報告

順調に揚縄終了しました。

 

メジロ、シュモクがほぼ半々でトータル13匹の取込み。7本釣元切れ、餌抜かれ多数でした。

 

魚体は2〜3メートルの中型主体。

 

浅縄、深縄どちらにも食ったので、かなり群れも大きく、また活性高く搾餌行為を行っている模様です。

 

遊漁船で初島のワラサ釣へチャレンジする方の役に立ったかな?

任務完了!頑張りました(>_<)

 

 

 


投縄しました。

先ほどサメ延縄の投縄から帰港しました。

明朝の揚縄まで海に浸けておきます。

餌はイナダの活き餌、結果は後日ご報告します。


11/7 更新・失効・遊漁船業務主任者講習会

11/7 0900〜遊漁船業務主任者講習会(いとう漁協本所)

   1330〜小型船舶免許証更新・失効講習会(いとう漁協本所)

   1830〜小型船舶免許証更新・失効講習会(いとう漁協宇佐美支所)

 

※ 時間は多少前後する場合があります。

 

当センターが講習を担当しますが、問い合わせ窓口は漁協となります。

0557-37-3181(本所)0557-48-9511(宇佐美支所)まで


サメ縄

遊漁船協議会からの依頼を受け、明日、ワラサ漁場でサメ延縄操業を実施します。

 

今年は、釣れた魚をサメに捕られる回数が多いそうで、3年ぶりの操業依頼になります。

 

本日は、明日の実施に向け、枝縄の修繕、浮縄の設定を行いました。


船舶免許証作成

先日の一級小型船舶講習で合格された方4名の免許証発行手続きを行いました。

 

一番近い窓口は下田海事事務所なんですが、そこには免許証を刷る機械がありません。

 

したがって、いつも静岡市清水の運輸支局まで来ています。

 

船の免許証は講習修了後、発行まで概ね1ヶ月かかります。

 

講習ご予約の際は、それを見越して日程を決めましょう。

 

今後の安全航海をお祈りします。


舫い綱

台風18号が進行中です。

 

普段はそれほど長くしない船の舫い綱ですが、台風等の大型低気圧に伴い港内の静穏度が悪化する場合は、通常より長めにとることが多いです。

 

それによって、うねりが港内に入り込んでも係留中の船が暴れなくなり、瞬間張力による舫い綱の切断を防ぐことができるのです。

 

釣りのハリスも同じですね。

いつもより長くしてあげれば、より大物の引きにも耐えれるようになりますし、さらに長くすれば号数を落とせるので釣果アップにつながります。扱いは少々面倒になりますが…

 

ロープもテグスも瞬間張力に気をつけましょう。


本日の調査報告

水温は高めなものの潮に濁りが入り、若干ですが魚の動きが良かったようです。

イワシやその捕食者の反応が出たポイントでは、本船インストラクターも狙った魚種をルアーでGETしていました。
 


 

 


シラス漁場調査

黒潮の蛇行傾向により、宇佐美でもシラスの不漁が続いています。

 

本日は、シラス漁場内にある海底突起物探査に行ってきました。

 

シラスは船曳やカケ回しと呼ばれる網漁法によって捕獲します。

 

その際、問題になるのが海底の障害物です。

 

本日の探査では、本船搭載の特殊魚探により、砂地の海底に点在する、網が引っ掛かって破れてしまいそうなゴロタ石を数多く確認することができました。

 

シラス漁の生産性を向上させるためには、いかに網のトラブルを減らすかも重要なポイントです。

 

今回発見した海底、砂地ゴロタ石エリアは、小型のカンパチも寄りそうですね。ジグで釣れるかな?

 

 

 


9/10 ルアー新漁場開発 大失敗…

報告できる釣果が出ませんでした。

餌釣り船も不調だったようなので、少しは気が楽です…

 

新漁場開発は続きます!

 

ダメもとですが、一緒に行きます?

 


| 1/2PAGES | >>